Hey!Say!JUMPは歴史と時代の流れに沿って変化している

 

私はHey!Say!JUMPが大好きです

 

今年でJUMPを応援してもう11年目になります。

 

こんなにひとつのことが続いてるのはJUMPだけだし、こんなに夢中になれるものも後にも先にもJUMPしかないと思います。

 

私は、JUMPの雰囲気はもちろん、全員がやさしすぎるくらいやさしいところ、ぴゅあっぴゅあのぴゅあなところ、しょうもないことでみんなでわーわーもりあがれるところなどJUMPの好きなところはたくさんあります。なんなら全部が全部愛おしいです。

 

でも、もし”JUMPを応援し続けている理由は?”ってきかれたら、私は「歴史と時代の流れに沿って、ちゃんと変わろうとしているグループだから」と答えます

 

 

 

 

 

JUMPはまだ一番下の子たちが28歳ながら、15周年を目前に迎えたグループです。

 

何を隠そう、彼らのデビュー当時の平均年齢は14歳。

かなりデビューが早いグループでした。

 

でも、今のJUMPを見ればジャニーさんがこんなにもはやくJUMPをデビューさせ、プロの世界に飛び込ませた意味が分かるような気がします。

 

 

 

 

JUMPのこれまでの14年間で、グループとしてのターニングポイントは2回あったとおもいます。

 

 

1回目は10周年を目前とした24時間TV。

2回目は今回の覆面PRを行ったFab。

 

 

 

私は一回目の24時間TVは、いわゆるJUMPという人材が世間に見つかったタイミングだと思っています。

 

もともとJUMPは第二期Jr黄金期であるYa-Ya-yahJ.J.Express、旧Hey!Say!7、3つのグループから選抜されてデビューしたグループです。

 

もちろんそこからの本人たちの努力も大事ですが、もともと持ち合わせている”要素”としては売れないわけがないグループだと思っていました。

 

なのでその時の勢いは戸惑いつつも、「まあJUMPやっと世間に見つかっちゃったんだからこんなもんだよな……」と納得している部分もありました。

 

 

 

 

 

 

そして2回目であるFab-Music speaks-

 

私はここでJUMPの今までの勉強・努力したことが実を結び、JUMPが本領を発揮し世間にJUMPの実力が知られたタイミングだと思っています。

 

 

私はかつてV6の岡田くんが自分の連載で話してくれたある言葉がずっと胸に残っています。

 

「JUMPは同業者からも本物と認めてもらえるようなグループになるために、自分たちの強みになるようなものを必死に取り入れている」

 

 

確かにJUMPは昔からわざわざダンスレッスンのために海外に出向いたり、その海外で有名なダンサーさんにたまたま遭遇して直談判してレッスンしてもらったり、その他にも新しいジャンルのダンスレッスンをした、ボイトレで~…など、確実に努力をしていた。

 

その他にも音楽の勉強でよくこのアーティストさんの曲をきくなどといってオタクが全然しらない洋楽をオススメしてくれたり、岡田くんのいう通りJUMPは現状に満足せずに常に上を目指そうとプラスになるものはすべて吸収しようとしているんだと感じた。

 

 

 

そのすべてがつまって形になっているのがFab-Music speaks-と今の現状だと思う

 

 

 

数々のクリエイターとのコラボ、そしてそれを難なくこなし、そのクリエイターのファンまでもをうならす実力。

 

私は最近のJUMPが本当に今までの全部が詰まっていて大好きです。

 

 

 

特に辻村有記さんとの出会いは本当に大きいものだと思います。

 

 

JUMPはかわいい系、かっこいい系、セクシー系、オラオラ系などなど…どんなコンセプトにも与えられればすっぽりはまります。

これ、当たり前に見えるけど、今のグループは割とグループの色というものが決まっているところが多くてどのコンセプトもできるグループは一握りだと思います。

 

それは当時、デビューがはやすぎるがゆえに「なにもなかった」と嘆き、数々のコンサート・舞台を、目の前のことをただこなすしかない時期があったからだと思っています。(いろんなことをしてきたからこそ色んなものに染まれる力が身に付いた)

 

ですが、そんななんでもこなすJUMPだけれども、かつて辻村さんがきてくれたべいじゃんで有岡くんが言っていたように、"JUMPらしさ”が光るのが辻村さんの楽曲だと思っています。

 

 

そして辻村さんとの出会いも偶然のように思えて、JUMPが引き寄せた必然ではないかと私は思っています。

 

 

辻村さんとの関係は一番最初に雄也がMusicBitで辻村さんの楽曲を耳にし、「有岡くん絶対好きだよ!」(雄也がよくいうらしい)と紹介し、案の定ハマり、有岡くんがソロ曲を依頼するところから始まります。

(厳密にいうと「辻村さんみたいな楽曲がいい!」といったら本当に辻村さんが書いてくれたというハッピーサプライズ)

 

 

そしていわずともしれた名曲「ファンファーレ!」を事務所が辻村さんに制作を依頼し、そこからその次の作品、その次の作品と短期間にして辻村さんとJUMPの関係は深まっていきました。(われらが辻村さん cv.ダイキ)

 

 

それもJUMPが地道に音楽の勉強を続け、感性を磨いた結果です。

PARADEは終わらないの歌詞に出てくる「偶然を装った運命 それに少しの奇跡が混ざったんだ」って歌詞はまさにJUMPと辻村さんの関係性のことのようで。

辻村さんとの出会いは、JUMPが音楽への感性を磨き続けた先にあった必然であり、出会うべくして出会ったのだと私は思います。

そして少しの奇跡が混ざってファンファーレ・MuahMuah・PARADEが始まる、終わらない・Fabなど数々の素晴らしい楽曲がうまれたのだと思います。

 

 

 

 

ただ、今のアイドル界は大きく変化している時期だと考えます。

 

その大きな要因はKポップの存在です。

 

アイドルは昔の癒しや夢を届けるという対象から憧れの存在という対象に変化しつつあると思います。

 

 

だからこそ求められる制作サイドの音楽・衣装・映像作品のクオリティ、演者の技術面でのクオリティ、ビジュアルの良し悪しではなくビジュアルにどれだけストイックかということ。

 

Kポップのそんなスタイルが流行する中、日本のアイドルもそんな流れに逆らえないと私は思います。変わらなければならない時だと思います。

 

ただ、日本の良さがなくなってしまうと、ただのKポップの真似になってしまうと思います。

多くの人材がKポップで活躍する今、今後のアイドル界のことを考えても今日本は変わるべきではないのか

日本のアイドルらしさを残しつつも技術やクオリティ面の向上を目指すことが今の日本のアイドルの課題ではないか………(あとSNSを使ったPRも日本のアイドル(特にジャニーズ)は課題だと思う)

 

 

 

そんな現状の課題を受け止め、変わろうとしているのがHey!Say!JUMPだと私は思います。

 

JUMPはパフォーマンスの面においても文句の付け所はなく、そして音楽のクオリティも従来のJUMPよりクオリティがあがっていると思います。

そしてそれらはもちろん今まで勉強してきた成果でもあるが、今の時代の流れを読んでのことではないかと考えます。

偶然にしては、あまりにも今求められている日本のアイドル像にぴったりはまっているのです。

 

 

そして何よりすごいのが、どんなにアイドルらしくない曲をもらっても、彼らから消えないのは”王道のアイドルらしさ”です。

 

各アーティストさんの曲はそのアーティストさんの個性が残る楽曲です。

けど、JUMPが歌えばJUMPの曲になるし、アイドルソングになるのです。

山田くんがクランメリアに対して「JUMPっぽくない曲だけど、JUMPが歌ったらちゃんとJUMPの曲になった」といっていましたが、本当にそうなんです。

 

時代の流れに沿って、変化はしつつも日本のアイドルの良さである”王道アイドル”を貫き通せるJUMP今のアイドルの理想形だと私は思います。

 

 

 

私が何より好きなのがこういった今のHey!Say!JUMPを本人たちが自分で創っているということです。

 

 

最新シングルのネガティブファイターも振付師の新しい学校のリーダーズにオファーしたのは光くん。

カップリングのTry&errorを選曲したのはありちね。

#502に関して、おそらくPRの仕方に関して会議に参加する伊野尾ちゃん。

 

 

もちろんJストの方々の助言もたくさんあると思いますが、ひとつの作品にもこうやってたくさんのメンバーが携わっています。

 

 

なにもなかった、目の前のことをやるしかなかったと嘆いていた少年たちが、自分たちの力でグループを創っている。

 

 

そんな現状こそ、私がHey!Say!JUMPを今でもなお応援し続けている理由です。

今JUMP担が楽しい、JUMPを自軍にするなら今だ!といろんなところで言われているのもこれが、一番の理由ではないかと考えます。

 

これからの、JUMPがつくるアイドル・ジャニーズの未来が楽しみです。

 

 

 

 

私もいいたいのでいわせていただきますね

 

 

スゥッッJUMPを自軍にするなら今だ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

19歳の山田涼介にヒカリサスを届けたい

 

 

 

恥ずかしながら、ヒカリサスを配信ライブで初めてちゃんとききました

 

 

 

ヒカリサスはYour Songのカップリング曲。

 

私はその時受験真っただ中でJUMPの供給をおっかける暇もままならず、

その時期のTVやCDなどまだすべて追えてないのが現状です

 

 

 

ヒカリサスはなんとなく流し程度にきいたことがあるくらいで

ちゃんときいたことはまったくありませんでした。

 

ところが配信ライブで度肝抜かれました

 

 

 

なんだこのドエモすんばらしい曲はと。

 

 

 

センステでお互い顔を見合わせながら「ひとりぼっちとかいわないで 君の愛はここにあるんだ」ってニコニコしながら歌うJUMPになにこのハートフルでピースフルな強い意志を感じる曲は…!!と一瞬で心奪われました。

 

 

そして私はヒカリサスをこんな風に解釈しました。

 

 

 

この曲の主人公は19歳の山田涼介だ、と。

 

 

 

歌というものは受け取る側の心情や状況によって、製作者が伝えたいことがそのまま伝わるときや、また製作者が意図しない全く違った解釈が生まれたりします。

 

私のこの解釈もいち曲をきいたリスナーとしての解釈でしかありません。

正解ではありません。

それだけはお忘れなきよう………

 

 

 

 

 

 

でもどう考えても19歳の山田涼介への手紙みたいな曲なんですよ(おい)

 

 

なぜ、山田涼介ではなく19歳の山田涼介なのか

 

 

19歳、JUMPはデビュー5年目。

 

 

この年は、山田くんがこの長い芸能生活の中で唯一、この仕事を辞めたいと思った時期です。

 

 

 

皆さん知っての通り山田くんは苦しいくらい、痛いくらいにJUMPが大好きだという思いが伝わってくる正真正銘、JUMPが大大大大大好きな人です

 

そんな山田くんが、JUMPが大好きすぎるがゆえに、この業界を去りたいと考えたのが19歳の時でした。

 

 

 

山田くんの19歳といえば今もなお数々の後輩が継いでいる

ジャニーズワールドで初代座長を100公演以上にわたりHey!Say!JUMPが務めることになった年です。

 

 

 

 

 

正直言うと、そのころのHey!Say!JUMPはお世辞にも順調とは言えませんでした

 

 

だからこそそんな中訪れたジャニワの座長というチャンス。

 

 

そしてそのころ山田くんは4代目金田一に大抜擢されます。

 

 

新キャラ佐木として大ちゃんも出演することが決まり、

 

…ということは俺らが主題歌できるんじゃないか?歴史のあるドラマでJUMPが主題歌を務めることができるのでは?

 

 

ジャニワとあわせ、JUMPに波がきてる!!と本人たちも確信したときでした。

 

 

ですが、ご存知の通り、金田一の主題歌は山田くん一人で務めることになります

 

 

このとき彼ははじめてマネージャーさんにやめたいと告げました。

 

 

山田担の私がこんなことをいうと嫌味に聞こえてしまうかもしれないけど、この時は特にHey!Say!JUMPは山田くんというイメージが強かったと思う。

実際に彼はこの時から常に仕事をしている印象だったし、

メディアに露出する回数は山田くんが圧倒的だったと思う

 

 

でも彼はそれらすべてがJUMPにつながると思ってやっていた。

 

俺仕事一杯ですごいでしょーなんてひねくれた考えにならずJUMPという名を売るため、全部が全部JUMPにつながると思っていた。

 

 

 

でも19歳、ジャニワ100公演真っ只中、ドラマも並行して撮影

プライベートでも妹さんの病気などいろいろあった中、彼に伝えられたのは"ひとりぼっち"でした。

 

山田くんはすべてJUMPのためになるとどんな厳しいスケジュールでもこなしてきたのに、告げられたのはソロデビュー。

もうこれ以上みんなを傷つけたくないと山田くんが出した答えがこの業界を去ることでした。

 

 

 

 

 

タイムマシンがあるならこの時の山田くんにヒカリサスを届けたいです

 

 

 

 

 

ヒカリサスの歌詞は常に「ひとりぼっちとかいわないで 君の愛はここにあるんだ」って誰かに投げかけるようにつくられています。

 

山田くん、大丈夫だよ。山田くんの愛はここにあるよ

 

 

ヒカリサスの歌詞のように、ひとりぼっちを告げられて、本当の本当にひとりぼっちを選ぼうとした山田くんに寄り添ったのは紛れもなくJUMPでした。

 

 

 

この時のことを山田くんが一万字インタビューで語ってくれています↓

 

 

 

 

 

 

 

JUMPだって、あんであいつだけ…って思ってもおかしくないのに、山田くんに「でっかい風穴ふかしてこい!」ってみんなで背中をおしたのです。

 

 

山田くんの思いがJUMPのメンバーを「一人で全部背負い込ましてた。山田の負担を減らせるように俺らがもっと頑張らなきゃいけない」という思いにさせたのです

 

ヒカリサスは山田くんのパートから始まります

 

 

 

 

弱虫だったあの僕が 君の手をそっと掴んで

駆け出していくよ 明るい未来は

 

 

 

周りを頼ることを知らなかった、いや頼れなかった山田くんが、

JUMPみんなの手をつかんで駆け出しました。

 

誰が何と言おうと、JUMPがなかなかメディア露出がない中、山田くんがJUMPの看板を支え続けた過去があるのは事実です

 

私はこのパートがその困難もすべて乗り越えた今の山田くんが19歳の自分へ向けて語りかけてるようにしか聞こえませんでした。

 

 

 

 

泣かないで 自分のせいにしてちゃ変わらない

もう一度 手を取って 青空を見よう

 

ひとりぼっちとか言わないで 君の愛はここにあるんだ

だから大丈夫 閉ざされた心の中も

正直になればいいさ 君を受け止めるために僕がいるから

ここにいて、ここにいて

 

 

 

きっと山田くんが孤独を感じていたことを、一人で戦っていたことをJUMPは気づいていたと思います。

 

そんな山田くんに正直になっていいよ、もっと頼ってよ、そんなお前を受け止めるために俺らがいるんだよっていってるみたいで。

 

山田くんから一度みんなの手を離しかけたけど、そんな山田くんの手をそっと握って離さなかったのがJUMPでした。

 

 

 

そして、一番のメッセージは落ちサビです。

 

 

基本すべてのサビは誰かが誰かに問いかけるようになっていますが、

落ちサビだけは、主人公が自分の話をしているんです。

 

 

 

 

ひとりぼっちとか言わないよ 僕の愛はここにあるよ

だから大丈夫 閉ざされた心の中を

 

 

この唯一語り手が変わるパートを山田くんが担当しています

 

 

これは今の山田くんから19歳の山田くんへの最大のメッセージだと思いました。

 

 

今となってはJUMPは全員しっかりキャラがたっていて、個々の仕事がきちんとあり、グループとして確実に大きくなりました。

 

 

それは少なくともかつての、全てを背負って時に押しつぶされそうになっていた山田くんの背中をみて、みんなが山田一人に背負わせちゃだめだ、俺も力にならないと」と考えたからこそこんなに大きく、素敵なグループになったんだと思っています。

 

 

山田くんの愛があって、JUMPの愛が育まれて。こんなに素敵なグループになった

 

今の山田くん「大丈夫、お前が向けてきた愛はJUMPのためにちゃんとなるよ。だから、もうちょっと仲間を頼ってみろ、俺の愛はちゃんとここにあるから」って19歳の山田くんに語り掛けているように思えました

 

 

もちろん製作者がここまで考えてるとは思いませんが、このパートを山田くんが歌う意味はここにあって、偶然にせよこのパートを担当したのは運命だと思っています。

 

 

そして少し配信の話になりますが、配信のヒカリサスではこのパートを歌う山田くんを見守るようにやさしく笑うJUMP

 

そして、とびっきりの笑顔を浮かべて山田くんがこの落ちサビを歌い上げると、大きな花火のようにあがる火花。

 

 

ホンモノじゃないけど、かつてJUMPみんなで語り合った「でっかい花火打ち上げようぜ!」って夢を思い出させるような演出で偶然にしてはあまりにもできすぎているように感じました。

 

 

 

 

 

 

19歳の山田くんへ

 

 

あなたが向けてきた愛はちゃんとJUMPのためになって

 

 

今あなたが大好きなメンバーとJUMPの夢である大きな花火の中にいるよ

 

 

だから大丈夫、少しでも思うことがあるならもっと、君のそばにいる仲間に頼ってみて。

 

 

 

f:id:ryosuke_mo59:20210411220916j:plain

 

 

 

山田くんの愛はここにあるよ

 

 

 

 

 

 

配信ライブの正解 -JUMPの配信は絶対見たほうがいい

 

 

 

今配信ライブの需要が高まっている。

 

 

 

それはもちろん、このコロナという目に見えないウイルスのせいで人が一堂に会し、同じ空間で時間を共有できなくなっており、

 

その光景を共有するための新たなエンタメの手段として、”配信でライブをする”という手段が需要を増している。

 

 

 

 

 

ただ、もちろんこの事態は急に訪れたことだ。

 

どのエンタメ業界も、とりあえず今までのライブをそのまま届けることで精いっぱいだったように見えた。

 

エンタメを届ける手段が絶たれる中、配信という手段は今までのエンタメを届けるために現状は最適であり、今までのエンタメを届けれる唯一の手段だった。

 

 

 

 

だがしかし!!

 

 

この現状はすぐに終わるものでなかった。想像以上にこのコロナ禍は続き、

 

すぐに元に戻ると思っていたエンタメ業界もコロナ禍の中で届ける状態が続いた。

 

 

 

 

その中で一歩踏み出したのはHey!Say!JUMPだった。

 

 

 

コロナ禍の中発表されたFab

(こちらもPRからなにからなにまですんばらしいのですか今回はちょっと飛ばして……)

 

 

 

ギリッギリまで有観客を考えて、第一にはもちろん有観客を目標に秋あたりからこそこそと準備をし始めてくれていたコンサート

 

 

 

ただこの現状、有観客は難しい。

苦渋の決断としてFabのコンサートは配信として私たちのもとに届けられることが決まった。

 

 

 

ただ、こんなとこで終わるようなJUMPじゃなかった

 

 

 

有観客の利点として見る側も演者側も生を感じられること。熱量を肉眼で感じられること。

 

 

 

配信はそれがまったくないが、配信の利点は”全員が同じ景色を共有できる”

 

そして一番は”電子機器の力を存分に活かせる”ということ。

 

 

 

もちろん一概にすべての配信がそれを生かし切れていないとはいいませんが、

 

 

急に始まったこの現状に今までのエンタメを届けることに精一杯で、

配信ライブという舞台を生かし切れていなかったようにおもいます。

 

 

 

 

そして、そんな配信ライブという舞台を存分にいかしたライブこそ、

 

 

Hey!Say!JUMP Fab-Live speaks-

 

 

 

 

もうね、配信ライブの意味がここにあった!!って感じ!!!

 

 

 

やっぱり生で感じられるものに配信が勝てないのは事実。それはそう

 

実際に配信見てて会いたいー!ってなったし!!

 

 

けど、配信でできる最大限のことがここに詰まってるって感じ!!

 

 

 

 

 

 

軽くネタバレかも↓

 

 

映像だからこそできる衣装に光をあてると柄が現れる演出。

 

 

映像だからこそできるCGの世界に紛れ込む映像の演出

 

 

映像だからこそ、全員が同じ景色を共有できるからこそできる大幅な移動

 

 

 

 

 

 

先ほどお話しした、配信の利点、”全員が同じ景色を共有できる”、”電子機器の力を存分に生かせる”というのをすべて加味したライブでした。

 

 

 

 

想像以上に続いたコロナ禍、

 

今までのエンタメを配信で届けるだけで必死だった現状から一歩踏み出し、

 

配信として意味のある、配信だからこそできる・楽しめるライブへと躍進させたのです。

 

 

 

 

 

今までのジャニーズの配信で、配信としてここまで質の高いライブはなかなかなかったのでは…?と思います

(すべての配信を見てるわけではないのでごめんなさい)

 

 

 

 

ただ、どこよりもいち早く「今までのエンタメをこの現状でどう伝えるか」という思考から、

 

「この現状で伝えられる最高のエンタメとはなにか」という考えに切り替えたJUMPは本当にこの現状に取り残されず、常に変化を感じて新しいことができるアイドルグループになるなと思いました

 

 

こんな配信ライブの正解ともいえるFab、実は三公演しかなく、

 

明日がラストです!!!

 

 

 

 

 

 

 

少しでも今まで私が知ってるライブと何が違うの?と思う方は

 

 

 

ぜひ、ぜひ見てください!!きっとその何が違うのかが確実にわかります!!!!!

 

 

 

 

お値段以上・Hey!Say!JUMP!!!!